活動レポート

温暖化問題「地球が壊れる前に」上映会しました!~日高まちつくりカフェ@12月~

 
※映画「地球が壊れる前に」のご紹介はこちら
 
特に印象に残ったメッセージを簡単ですがご報告します!
 

まず大前提として

 

すべての再生可能エネルギーには問題がある。

ソーラー、水力、風力、バイオマス、水素…
いずれも、環境負荷やリスクがある(原材料、設置場所、廃棄…などなど)。
どれがいい、悪い、ではなくて、すべての問題をテーブルにならべて、解決策を総合的に議論する必要。
 

今の「便利な」生活を維持することは不可能。

私たちが、便利さとひきかえにしているものの代償を、直視しないといけない。
豪雨はもちろん、食料難に陥り、関東平野が沈み、安全保障上の危機に、、、
それだけのリスクに子ども達をさらしてまで、今の便利な暮らしを私たち大人は続けるのか?
 

つまり、必要なことは

 

①私たちが消費エネルギーを必要最低限に減らすこと。

幸せで豊かな暮らしをするために、本当に必要なものを見つめなおし、それを守っていくよう、私たちが一つひとつの選択をシフトしていく必要。
 
- 24時間営業が必要?
- 大量のフードロスを出してまで品ぞろえが充足してることって必要?
- 計画停電をしても何とかなっていたのでは?
 

②そして、環境負荷を最小化する方法でエネルギーを生産していくこと。

環境負荷を最小化するには、国レベルの投資が必要なこともポイントです。
 
日本には技術はある!
でも、それを実用化するためには、民間の資本だけでは難しいということです。
 
 

映画の中で印象に残っているセリフ。

「温暖化に政党は関係ない、海面が上昇するだけだ。」
 
本当にその通り。。
 
地球の危機を解決するために、国ですらもはや関係なくなっているときに、まして政党をや。
 
今日の上映会は、日高市議会からも、なんと、議長をはじめ自民党3人、公明党2人、共産党1人、無所属の私、で合計7人も参加されました。
(16議席中7人ですよー!)
 
そして!市の環境課からも職員さんが参加。
 
この日のために準備をしてきた「NPO子どものための緊急アクション」のメンバー。
 
そして、参加くださった、たくさんの市民の皆さん。
…と、色んな立場の方々が集まるという、とても嬉しい光景でした✨。
 
日高市の将来、地球の未来を、これからも一緒に考えていけたらと切に思った一日でした。
 
 
皆さま、そして、西原智昭先生、
貴重な機会を本当にありがとうございました!!!
 
 

LINE@にご登録ください!

LINE@で松尾まよかが情報配信しています!
ご登録まだの方、良かったらぜひ以下リンクからご登録ください。
→http://line.me/ti/p/%40wad5466q松尾まよかLINE@

 

松尾まよか後援会のご案内

松尾まよかの活動を応援くださる方を募集しています!
少しの応援が大きな力になります!

松尾まよか後援会~マングローブ入会のご案内~

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook