まよかブログ

「出産議員ネットワーク」「子育て議員連盟」合同研修会に参加しました!日本における子育て議員のキャリアは過酷…💦

子育て議員連盟&出産議員ネットワークによる研修会に参加させていただきました。

皆さんご存知ですか?

・ほとんどの自治体の議員は、産休育休がない。(議会の欠席は事故扱い)

・被雇用者でないので保育園に子どもを入れるための就労証明書が出ない自治体も多数。

つまり、議員が出産子育てをするということが想定されていないとも言えるような実態があります。

本来、議員は、自分たちの労働条件を議会で独自に決めることができます。しかし、子育て議員はどの議会でも少数派なので、環境整備が進まないのが現実。

そして議員は被雇用者ではないので、当然、労働基準法等で守られる立場でもない。

国では男女共同参画推進法が制定されたけれど、どうしたら女性議員が増えるかについての具体策は示されていません。

この状況をなんとかしたい!という全国の超党派の子育て議員さんたちが活動を始めていて、今日がその一環としての研修会でした。

マスコミの方も多くいらしていました。子育て世代、女性議員が圧倒的に少ない日本。この状況を多くの方に知っていただく必要があるなと改めて思いました。


*代表の永野議員。

 

 

 



 

*お子さん連れのパパ都議会議員。奥様が育児疲れで体調を崩されたとき、育休をとりたくても、オリンピック騒動でとれなかったと。

 


*内閣府の男女平等推進担当の方、総務省の方、議会事務局経験のある大学の先生にもお越しいただいてパネルディスカッション。

4月18日 高麗の歴史とこれから

社会が大きく変化しているいま、高麗の歴史のもつ意味合いは?
これから世界に向けて発信できる役割は?
高麗神社の宮司さんを囲んでお話会をします

●第一部:高麗宮司さんのお話 「高麗の歴史と現在、そして未来への可能性」
●第二部:座談会「高麗で描く新しい理想社会」

日時:2020年4月18日(土)10時~12時
会場:日高市高麗神社 参集殿2F大広間(駐車場有)
費用:無料(当日、玉ぐし料をお気持ちでお願いします)
定員:30名(先着順)
託児:有り(場所:神社内職舎 / 陽だまりっ子)*有料
雨天:決行
主催:トランジション・タウン高麗

→ 参加申し込み・問合せ:
080-8712-6509
ciesoffy@gmail.com(早川)

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook