イベント案内

11/17(火)10:00 日高まちつくりカフェ@11月~暮らしの省エネルギーと防災を考えよう!

いよいよ待ったなしの温暖化問題、自然エネルギーへのシフトが大事なのは分かるけれど、
 
具体的に私達一人ひとりが出来ることってなんだろう??
 
家の屋根にソーラーを乗せるのではなくて、地域で電気をつくるってどういうこと???
 
 
今回ゲストにお迎えするのは、小川町で、市民電力の立上げにチャレンジしてこられた、こうやまゆみこさん。
 
「節電紙芝居」「省エネ講座」「電力の自由化のお話」など、大人気の講座を開いて来られました。
 
今回のまちつくりカフェでは、彼女のこれまでのトライ&エラーを伺いながら、私達が自宅で、日高で、できることを考えてみたいと思います!
 
●日時
11月17日(火)10:00-12:00
 
●場所
カフェ日月堂(日高市高麗本郷729-1)
https://goo.gl/maps/ooJBXBzrhp3HwvJE9
 
●参加費
500円
 
●内容
①NPOおがわ町自然エネルギーファームの活動紹介
②「暮らしのエネルギーと防災のお話」
・暮らしのエネルギーを分散させることの大切さ、100%の便利さをあえて取らず、ちょっとだけ不便を受け入れると面白い。
・長期停電に備え太陽光発電設備などを考えている方へ、その前にやれることはいっぱいある!
・住まいの断熱やお日様を取り入れることの大切さ。お金をかけないで出来る冬の寒さ対策。我が家で使っているDIY内窓を持参
・私のプチ防災バック紹介(好評です~)
・災害時にもお役立ち「超簡単ソーラーシステム」
 
●スピーカー
こうやまゆみこ
NPOおがわ町自然エネルギーファーム代表。
家庭の省エネエキスパート、防災士、第2種電気工事士。
山形出身、13年前にときがわへ移住。
 
20代後半にクライミングと出会い、国内外でキャンプ生活。
生きるために必要なものってそれほど多くないなと知る。
 
2011年東日本大震災がおこる。
2013年NPOおがわ町自然エネルギーファーム設立。
2013年個人プロジェクト「ちょびっとエネルギー」を立上げ、太陽熱温水器の勉強会や、ロケットストーブWS、ウマづくりWSや、「木と土で小屋づくり」手伝い。
2014年、16坪の木造平屋建築。住まいながら、間仕切り、床板張りなどDIYでコツコツと作業継続しながら、「小さな家で豊かな暮らし」の情報発信中。
2019年「暮らしのエネルギーと防災のお話」を始める。10月からオンラインでの防災講座開始。
 
●定員
密を避けるため、定員12名とします。
 
●申し込み
https://forms.gle/qggBLgAfGy6SAnKo6
※コロナ流行の情勢を鑑み、場合によってはオンラインに切り替えます。
必ずお申込みをお願いします。
 
●お問合せ
戸田美雅(090-9976-7561)
松尾万葉香(080-4449-7858) 

LINE@にご登録ください!

LINE@で松尾まよかが情報配信しています!
ご登録まだの方、良かったらぜひ以下リンクからご登録ください。
→http://line.me/ti/p/%40wad5466q松尾まよかLINE@

 

松尾まよか後援会のご案内

松尾まよかの活動を応援くださる方を募集しています!
少しの応援が大きな力になります!

松尾まよか後援会~マングローブ入会のご案内~

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook