議案その他

LGBT「パートナーシップ認証制度の創設を求める請願」の採決 | 日高市議会12月議会報告

本議会では、性的少数者の支援を行う「レインボーさいたまの会」より、「パートナーシップ認証制度の創設を求める請願」が提出されました。

結果、委員会、本会議ともに全会一致で採択されました。

性的指向によって、法制度上婚姻関係が認められなかったり、差別の対象になったりするというのは、私たち社会の問題として解決されるべきテーマだと考えます。

しかしながら本請願、なかには複雑な感情を持った議員もいて、反対だといった声も聞こえていたので、念のため、賛成討論も用意していました。

皆さんに知っていただきたい内容として書いたので、議場では述べる機会はありませんでしたが、この場でご紹介したいと思います。

請願第2号、日高市におけるパートナーシップ認証制度の創設を求める請願について、賛成の立場から討論します。

「パートナーシップ認証制度」とは、同性である等の理由で戸籍上は婚姻関係にない方々を、市が、パートナーとして認証するものです。

現在、LGBTの当事者や家族は、多くの悩みや不安を抱えてられています。支援団体には、毎日たくさんの相談が寄せられ、また厚労省の電話相談窓口「よりそいホットライン」専門ダイヤルには、年間で約3万件もの電話がかかっています。また、統計上、自殺率の高さも指摘されています。

特にこのコロナ禍では、パートナーが新型コロナウイルスに感染し入院となった場合に、病院から家族として扱われるのか、パートナーの病状等が説明されるのか、といった不安の声が寄せられています。

パートナーシップ制度の浸透により、病院側へパートナーとして適切に対応することが促されることが期待されます。

このように、自治体が、性的マイノリティの存在を、制度として公に認めることが、社会の理解促進にも繋がり、当事者やその家族の生きづらさを解消しうると考えます。実際、パートナーシップ認証制度のある自治体へ移住する当事者も数多くいます。

近隣自治体を見ると川越市、坂戸市では既にパートナーシップ制度が導入されました。所沢市、入間市、狭山市、飯能市、毛呂山町でも、請願が採択されています。

日高市は、SDGsの達成を目指し、誰一人取り残さないまちづくりを進めているところです。
性的少数者の方も、誰もが差別なく、安心して住み続けられる市であってほしいと切に願い、本請願に賛成いたします。

LINE@にご登録ください!

LINE@で松尾まよかが情報配信しています!
ご登録まだの方、良かったらぜひ以下リンクからご登録ください。
→http://line.me/ti/p/%40wad5466q松尾まよかLINE@

 

松尾まよか後援会のご案内

松尾まよかの活動を応援くださる方を募集しています!
少しの応援が大きな力になります!

松尾まよか後援会~マングローブ入会のご案内~

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook