一般質問

一般質問:日高市への移住・定住の促進について | 日高市議会議員 松尾まよか

質問趣旨

日高市への移住・定住の促進についてです。

少子高齢化と人口減少が進むなか、私たちの生活インフラや教育、福祉サービスを将来にわたり維持し、改善していくためには、なんといっても財源、そしてサービスの担い手が必要です。

多くの地方都市が同様の問題を抱えるなかで、特色ある、住みよい魅力的なまちづくりを通じて、移住者、転入者を増やし、また定住促進すなわち転出者を減らすことに挑戦し、成果を出している自治体が出てきています。

人口対策は効果が出るまでに時間のかかるものであり、日高市も早々に力を入れていくべきと考えます。

このテーマについては、一昨年9月にも一般質問させていただきました。それから、日高市行政の最上位計画である第6次総合計画が策定され、その実行計画では、令和3年度の4つの重点施策の一つに、移住定住が位置付けられています。

コロナの影響もあり、都心から郊外への移住ニーズが高まるなか、その後の検討状況と今後の展望をお伺いします。

質問と答弁の要約

問 まず、ターゲットはどういう層に定めているか。

 都心に住み、自然豊かな環境を魅力に感じる子育て世代としている。

問 その層のニーズをどのように把握するのか。

答 必要に応じて転入・転出者向けアンケートをとる。またLINE等の活用を研究する。

問 本年度、注力する施策は何か。

答 市の魅力のPRと、オンライン移住相談会の開催である。

問 それらもとても良いことだが、市内の不動産業者からは、コロナの影響で問合せ件数が急増し、物件待ちの移住希望者が増えていると聞く。空き家対策等、住居の確保も急がれるのでは。

答 市ではそのような情報は確認していないが、今後の住居対策の参考にする。

問 郊外移住を検討する子育て世代は、自然を活かした教育環境を重視している。これを強みとし強化する考えは。

答 環境教育の充実に努めていく。

問 魅力のPRは具体的にどのようにするのか。

答 動画広告、パンフレット、ホームページを作成する。

問 作成にあたり、日高市へ移住した市民の感性を取り入れる考えは。

答 子育て世代に感覚の近い若手の市職員のプロジェクトチームを設置する。また、移住者のアイディアや活力を活用する取組みを今後検討する。

問 PRの効果測定は。

答 HPの閲覧数やオンライン移住相談の件数を集計し確認していく。

質問全文はこちら

詳しい論拠やデータなどについては、質問全文をご参照ください。
一般質問全文へのリンク

動画(議会中継)

日高市議会中継で動画が見られます。
令和3年第2回定例会06月09日 一般質問」をクリック!

まとめ

世界に二つとない、日高市ならではのまちづくりがしたくて、議員になりました。

日高を世界一「本当に」豊かなまちへ!

は今でも本気で思っています。

実現すれば全国、いや世界から注目されて、移住者が増え、いま住んでる人にもたくさんのメリットがもたらされる。
社会へのメッセージになる。平和な世界につながる。

そんなアイディアを、日々温めています。

大きなテーマなので、執行権のない議員が取り組むにはもどかしいテーマであることを、痛感させられます。
しかし、議員だからこそできる、動かし方があると思っています。

 

明日も昨日と同じ日が昇る、

そんな幻想を持っていたら、今の子ども達にもはや未来はありません。

 

諦めずに、出来ることを全力でやり続けよう。

今議会も、そんな想いを新たにしました。

みなさん、一緒に未来をつくりましょう!

 

LINE@にご登録ください!

LINE@で松尾まよかが情報配信しています!
ご登録まだの方、良かったらぜひ以下リンクからご登録ください。
→http://line.me/ti/p/%40wad5466q松尾まよかLINE@

 

松尾まよか後援会のご案内

松尾まよかの活動を応援くださる方を募集しています!
少しの応援が大きな力になります!

松尾まよか後援会~マングローブのご紹介~

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook