イベント案内

まちつくりカフェ3月のご案内 ~再生可能エネルギーのいま~電気のギモンについて考えよう!

【再生可能エネルギーのいま。】

地球温暖化による気候変動、
原子力発電所再稼働、

そんな中、私たち消費者一人ひとりが、どんな電気を選択するかが、とても大切になってきました。

でも、こんな疑問を持たれてる方も多いのではないでしょうか?

・再生可能エネルギーって本当に環境にいいの?
・太陽光パネルは廃棄が問題になるのでは?
・FIT電気とそうでない電気って何か違うの?
・環境に良い電力って料金が高そう。。
・電力会社を切り替えるって面倒くさい…。

今回のまちつくりカフェでは、そんな、「エネルギー問題、結局どうすればいいの!?」を掘り下げてみたいと思います。

ゲストにお呼びするのは、グリーンピープルズパワー社長、竹村英明さん。

「私たちは、市民が市民のお金で発電所を作り、その電気を市民に供給する社会を目指します。」をスローガンに、脱原発と再生可能エネルギー普及を目指して長年活動してこられました。

私たちの素朴な疑問から、一つひとつ、楽しく深める時間にしたいと思います。

●日時:3月19日(木)10:00-12:00

●場所:ぷーちゃんち。
埼玉県日高市高麗本郷253-1

●参加費:500円(お茶・お菓子代)

●講師:竹村英明(たけむらひであき)
市民電力連絡会理事長
イージーパワー株式会社代表取締役
グリーンピープルズパワー株式会社代表取締役

1951年広島生まれ。国会議員秘書や国際環境保護団体グリーンピースを経験。2004年から環境エネルギー政策研究所スタッフ。飯田市おひさまエネルギー事業立上げを担い、その後エナジーグリーン株式会社副社長。2011年にはeシフト設立、2013年より原子力市民委員会メンバー。2014年に市民電力連絡会設立、同会会長(現在理事長)。2015年イージーパワー株式会社設立、代表取締役。2017年グリーンピープルズパワー株式会社設立、代表取締役。

●主催:日高まちつくり隊

●問合せ・参加申し込み:陳富子(080-4068-8877) または 松尾まよか

4月18日 高麗の歴史とこれから

社会が大きく変化しているいま、高麗の歴史のもつ意味合いは?
これから世界に向けて発信できる役割は?
高麗神社の宮司さんを囲んでお話会をします

●第一部:高麗宮司さんのお話 「高麗の歴史と現在、そして未来への可能性」
●第二部:座談会「高麗で描く新しい理想社会」

日時:2020年4月18日(土)10時~12時
会場:日高市高麗神社 参集殿2F大広間(駐車場有)
費用:無料(当日、玉ぐし料をお気持ちでお願いします)
定員:30名(先着順)
託児:有り(場所:神社内職舎 / 陽だまりっ子)*有料
雨天:決行
主催:トランジション・タウン高麗

→ 参加申し込み・問合せ:
080-8712-6509
ciesoffy@gmail.com(早川)

記事を書いた人

日高市議会議員無所属松尾 まよか
大好きなまち日高に永く住み、豊かな自然のなかで子育てをしていきたい。

私は、この日高が世界一好きです。2015年、東京都心から日高市に移住。都内では体験できなかった日常を楽しんでいます。

これまで国内外諸国に滞在してきましたが、日高ほど暮らしやすい土地はありません。都心へのアクセス、美しい里山と清流、それを大切にしていきている人たちとの温かいつながり・・・。

ここで、いつまでも心地よく安心して子育てをしていきたい、そう願っています。

本当の「豊かさ」とは何か?

日高でかたちにしていきたいと思います。

どうか応援お願いします!
Follow :

コメント欄

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook